バーナーの紹介

最終更新: 2018年10月12日


AirMirage



昨年、HPをリニューアルしてからBlogページを作ろうと思いつつ放置していましたが、

ようやく開始する心の準備ができました。


まず、一発目の記事に何を書こうか考えてみましたが、なるべくガラスに関する事と思い、

いつもガラスを作っているバーナーの紹介になりました。


画像に写っているこちら、今使っているエアーミラージュさんです。

見ての通りカッコイイです。

メインで使っているバーナーとしては3代目です。

色んな種類のバーナーがありますが、断トツでカッコイイです。


カッコイイからこれにしたと言うワケではありません。

バーナーから出る炎もスマートで、音も静かです。


レバーがたくさんあり、

赤→プロパン 黄色→エアー 青→酸素と、3種類の気体を調節して炎を作ります。

画像反対側の写っていない所にもレバーが3つあります。

なので、全部で8個です。


8個も調節つまみがあるので、様々な種類の炎が出ます。

使用しているガラスの融点が820℃なので、ドロドロにガラスを溶かしている時の炎の温度は2000℃にもなるようです。(自分で測った事ないので噂です)




プロパンガス多め



























細かい所は酸素多めで細い火で

























大きな炎

























ガラスを溶かし中



























色ガラスにも適した炎があり、炎の中で酸化させたり、還元させたり、

その他様々な状況があります。その度にレバーで炎を細かく調節しています。



炎の調節をしているその間、溶けているガラスは重力で垂れないように常に回していなければいけない状況です。

腕は2本しかないので忙しいです。



間違って炎に指を突っ込んだ事は、1回しかありません・・・かすった位ですが。


それでもとても痛かったです・・・



78回の閲覧
  • Facebook
  • Instagram

© taiga glass All Rights Reserved