キルン故障

Stay home とStay at home の解説をラジオで話していましたが、助動詞がどうのと解説している日本語が英語以前に分からないなーっと思いながらガラスを作っていましたら、




キルン(釜)が壊れました。




ガラスは急激な温度変化で割れるので、釜に入れて割れない様にコントロールするのに必要不可欠な機材です。(Made in USA)

ガラスを始めた時に買ったので、かれこれ17年近く使っています。

いつかこの時が来るであろう・・・と思っていたその時がきました。



電源は入るのですが、温度が上がりません。



少し調べると、4万5千のパーツで直るかも。

新品買ったら14万です。


現在自粛中GW真っ只中に。14万は・・・


一晩考え、修理しようと決めてパーツを注文すると、


よく見ると0が1個少なく、4千5百円でした。






なんだ。







早速注文。

どこを開けて良いか分からないけど、底が怪しいから開けてみる。




なんと、2個しかパーツがない。

先日買った5千円のタブレットの方がハイテクな気がする・・・








説明書は英語なのでスルーする。

同じ形の物があるので、これを交換すればイイんでしょ。




元に戻して完成。


電源を入れて始動すると、無事温度が上昇し修理完了。







その後、最近日課の散歩へ。




1時間半、アップダウンの続く山道は老犬にはキツそうです。





息子自転車練習中です。


0回の閲覧
  • Facebook
  • Instagram

© taiga glass All Rights Reserved